• 近藤家
  • たたら跡

鳥取藩は元禄7年(1694)たたら全体を把握し運上銀を課するため鉄奉行、鉄山 目付をおき御手山制度(たたらを藩営)をはじめたが、これによりたたらが衰微して来たので元禄11年(1698)にはこの制度は取り止めとなり、以後たた らの稼業は鉄山師の願書(請け文書)のみで許可されるようになった。


  其他藩は日野産鉄を米子に集め、為替金ほ交付して鉄買船に売渡す海路為替回漕仕法(寛政12年~1800)、また鉄鋼銑江戸直回仕法(文化13年~1816)、境鉄山融通会所の設置(天保6年~1835)など産鉄の販売を促進する政策を進めている。


  江戸期に活躍した鉄山師達の氏名また鉄生産量については詳しい記録は見当たらないが、文化13年からの江戸直回仕法の記録(近藤家蔵)によれば、根雨手嶋 伊兵衛家(松田屋)一族の出荷は2059束(27796貫)、金額は1728両であったが、次に多く出荷したのは根雨近藤家、更に大宮・生山の段塚家、大 宮の青砥孫左衛門(福市尾)、黒坂の緒形、法導寺の音右衛門一族(伊田屋)、二部の足羽助八と続いている。


  たたらの労働者数は、安政5年に(1858)に近藤家が経営していたたたらは7鉄山であったが、その内労働者とその家族の氏名、出生地などが記入してある「役人別増減取調帳」をみると6鉄山の山内人口は合計658人、内職人は241人であった。


  従って当時郡内に30近くあったたたら全体の労働者は多くいたことが推定出来、更に村方からの出職者を入れると鉄山の人口扶養力は大きなものであった。
 

  幕末から明治元年にかけて、近藤家を除くたたらの調査で「たたら、鍛冶屋稼方書上帳」(近藤家蔵)をみると、明治元年奥日野分(奥日野とは下黒坂、下菅以 南の日南町)として立石村福来山、葉侶村篠原山以下20ヶ所のたたらが報告されているが、いずれも小鉄山で、稼業も年間数ヶ月の自給的たたらであり明治初 年には姿を消している。


  江戸期、たたらの経営について詳しく書き上げた名著に『鉄山必用記事』(鉄山秘書ともいわれる)がある。この著作は江府町宮市の鉄山師下原重仲が、天明4 年(1784)、47歳で書き上げたもので、重仲は「鉄山のことは昔より書き伝えたものはなく口伝のみである。これでは今後たたらが衰微するので、気のつ いたことを不要な紙に書き残したものである」としているが、村下、山子の大工(大鍛冶職人)などの古老から聞いた話も書き入れている。内容は金尾子神のこ と、たたら歌、砂鉄の採り方、炭の焼き方、炉の造り方など、たたらのことに関するすべてのことについて記述してあり、江戸期たたら経営、操業に関する解説 書としては最高のものである。

 

  しかし重仲は多くの資本を持つ鉄山師の力が強くなり、小鉄山師の経営は困難になったと嘆き、たたら経営をやめている。重仲は鉄山師として四代目とされているが、二男の恵助もたたらを江府町俣野の日名山で経営している。

 


この章の記事は、下記の方々ににご協力いただき作成しました。

たたら研究会員・郷土史研究家 影山 猛 氏

 

 中世には赤目系砂鉄(褐色がった銑鉄生産に適する)を使用して銑鉄をつくり、鍛打 により鍬・鎌などを造ったと推定されているが、また真砂砂鉄(黒色で鋼生産に適する)を選び、刀剣などの刃物を鍛造している。特に刀剣の原料として有名な ものは、建長年代に印賀の阿太上山で古都文次郎信賢が造った印賀鋼が鋼の王とした、当時の鍛冶屋に重んじられたことがその頃の本に載せられている。この印 賀鋼は江戸期の大阪鉄市場でも、根雨の鉄山師手嶋伊兵衛(松田屋)の手によって特に高価で売り出されていたことが近藤家文書に記されている。この印賀鋼は 磁鉄鉱系の真砂砂鉄から製錬された鋼である。


  中世には日本刀の工匠として名高い会見郡出身の大原安網が現われている。安網は、これまでの直刀から反りをつけた現在の日本刀の創始者であるが『太平記』 には、源氏の宝刀「鬼切」(国宝)に作刀したことが記され、また安網の子真守が平家の名刀「抜丸山」(重文)の作者であるとしている。


 

 


この章の記事は、下記の方々ににご協力いただき作成しました。

たたら研究会員・郷土史研究家 影山 猛 氏

日南町では、阿毘縁菅沢線拡幅工事中に発見された5世紀初頭とみられる印賀6号墳の中から、27センチメートルの直刀が発見されたが分析の結果、原料鉄は外国産と判明した。一般に日野町の横穴墓などの古墳から古代の鉄製品が出土することが多い。


 

 西伯郡伯耆町では、国道181号線岸本バイパスの道路改良工事が計画され、平成 19年度には埋蔵文化財の発掘調査が実施された。そのうち特に伯耆町や坂長の第6遺跡からは、鍛冶工房遺跡から大量の鉄製品、鉄滓などが出土したが、この 遺跡は古代の会見郡営の官営工房であった可能性が高まった。


 

 平安時代の伯耆国鉄生産は9世紀に調として鉄鋌(てつてい)・鍬を出し、庸として鍬を中央に差し出した記録が延喜式にある。また1073年から20年間に東大寺封物として4340鋌 もの鉄を全国の中で伯耆国のみ差し出していることが平安遺文にあることは、平安時代伯耆国は一大製鉄地であったことが窺われる。このことは、国道9号線の バイパス建設工事に伴う発掘で、大山北東部の東伯耆で22か所もの農具など生産する鍛冶遺跡が発見されたことも関連があると考えられる。


この章の記事は、下記の方々ににご協力いただき作成しました。

たたら研究会員・郷土史研究家 影山 猛 氏

↑このページのトップヘ